沖縄【東江メガネ】コンタクトセンター│北部・中部・南部の店舗一覧

沖縄県のコンタクトレンズ販売店

はいさい♪今回は、沖縄県の老舗の【東江メガネ】のコンタクトセンターを紹介します。

『東江コンタクトセンター』は、沖縄県内の“北部・中部・南部”にありますよ♪

 

コンタクトレンズの購入だけでなく『ご相談』や『疑問&質問』『眼科受診』等の

お悩みがある方は、1番お近くのコンタクトセンターにお気軽にお問い合わしてみて下さい♪

 

コンタクトレンズが初めての方、眼科での診察・処方箋が必要になりますので

眼科併設店の『東江コンタクトセンターサンエー那覇メインプレイスへ』がおすすめです♪

 

沖縄県にいらしている観光客の方も急ぎのトラブル等があれば相談にのってくれますよ。

 

【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター
サンエー那覇メインプレイス店
眼科併設
【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター 那覇店
【南部 浦添市】 東江コンタクトセンター 浦添店
【南部 南風原】 東江コンタクトセンターイオン南風原店
【中部 沖縄市】 東江コンタクトセンター 美里店
【北部 名護市】 東江メガネ 名護店

※沖縄県の北部には、東江コンタクトセンターがない為、名護店を掲載しております。
北部にお住いの方は、距離があり時間もかかるので1番近い名護店のご利用をおすすめします。

>>【東江メガネ】初めてのコンタクトレンズは『眼科併設』店へ

 

・東江メガネ『コンタクトレンズ』【公式】サイトはこちら

コンタクト
Home コンタクト 安全安心を第一に、お客様にあうコンタクトレンズをお勧めします。 コンタクトは直接目に入れ…

 

・東江メガネ『通販』【公式】コンタクトネット注文こちら

https://agarie-megane.shop/

 

・東江メガネ【公式】店舗情報はこちら

店舗情報 | 沖縄県でメガネ・コンタクト・補聴器をお探しなら東江メガネへ

 

 

目次

沖縄県【東江コンタクトセンター】北部・中部・南部の店舗一覧♪

沖縄県、大手の『東江メガネ』のコンタクトセンターは、県内に5か所ありました。

その中でも眼科を併設しているのは、『沖縄県那覇市おもろまち』にある

東江コンタクトセンター サンエー那覇メインプレイス店なります。

店舗の営業時間と眼科の診察時間が違うので行くとには、時間と休診日の確認を忘れずに♪

 

 

【おもろまち】東江コンタクトセンター サンエー那覇メインプレイス店

東江メガネサンエー那覇メインプレイス店 · 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4丁目4−9
★★★☆☆ · メガネ店

沖縄県那覇市おもろまちにある東江コンタクトセンターは、

東江コンタクトセンター サンエー那覇メインプレイス店です。

メインプレイス眼科を併設しているので初めてコンタクトレンズを購入する方や

定期検診の方、観光客の方にもこちらが1番おすすめできます。

 

店舗名 東江コンタクトセンター
サンエー那覇メインプレイス店
眼科併設 サンエー那覇メインプレイス店
併設 メインプレス眼科
住所 〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち4-4-9
サンエー那覇メインプレイス店内1F
電話番号  東江コンタクトセンター:098-951-3040
眼科:098-869-9009
営業診療時間  東江コンタクトセンター
AM9:00~PM8:00
————————-
メインプレス眼科
11:00~14:00
15:00~19:00(受付6:30まで)
休診日:火曜日、水曜日、木曜日
※来院の際には、保険証が必要になります。
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/naha-mainplace_cl-center/
所在地 https://goo.gl/maps/xi42W79ao1DhUvNJ6
地図・ルート

 

 

【那覇市牧志】東江コンタクトセンター 那覇店

東江コンタクト那覇店 · 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2丁目17−4
コンタクト レンズ製造業者

沖縄県那覇市牧志の東江コンタクトセンター那覇店を紹介します。

国際通りから、1番近い東江コンタクトセンターなので観光客の方にもおすすめです。

店舗名 東江メガネ コンタクトセンター那覇店
眼科併設 なし
住所 〒900-0013
沖縄県那覇市牧志2-17-4
電話番号 098-861-0038
営業時間 AM9:30~PM7:30
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/naha_cl-center/
所在地 https://goo.gl/maps/swH5RFFd94YT5NoR8
地図・ルート

 

 

【浦添市宮城】東江コンタクトセンター 浦添店

東江コンタクトセンター 浦添店 · 〒901-2126 沖縄県浦添市宮城6丁目23−21
★★★★☆ · コンタクト レンズ製造業者
店舗名 東江メガネ コンタクトセンター浦添店
眼科併設 なし
住所 〒901-2126
沖縄県浦添市宮城6-23-21
電話番号 098-875-4101
営業時間 AM9:30~PM8:00
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/urasoe_cl-center/
所在地 https://goo.gl/maps/jDD3pqNu3mK6z3DB6
地図・ルート

 

 

【南風原町宮平】東江コンタクトセンター イオン(ジャスコ)南風原店

東江メガネイオン南風原店 · 〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町宮平264
★★★☆☆ · メガネ店
店舗名 東江コンタクトセンター イオン(ジャスコ)南風原店
眼科併設 なし
住所 〒901-1104
沖縄県南風原町字宮平264
イオン南風原店内2F
電話番号 098-940-6190
営業時間 AM10:00~PM10:00
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/aeon-haebaru/
所在地 https://goo.gl/maps/Fp7NNMJDzdtcA1Th9
地図・ルート

 

 

【沖縄市美原】東江コンタクトセンター 美里店

東江メガネ美里店 · 〒904-2155 沖縄県沖縄市美原2丁目26−14
★★★☆☆ · メガネ店

沖縄市にある沖縄市美里近くにある『東江コンタクトセンター美里店』

沖縄市やうるま市、嘉手納町、読谷村、恩納村の方に1番おすすめの

東江コンタクトセンターです。

 

店舗名 東江コンタクトセンター美里店
眼科併設 なし
住所 〒904-2155
沖縄県沖縄市美原2-26-14
電話番号 098-938-7020
営業時間 AM9:00~PM8:00
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/misato_cl-center/
所在地 https://goo.gl/maps/zX4RTBVwqs3BBms47
地図・ルート

 

 

【名護市為又】東江メガネ 名護店

〒905-0005 沖縄県名護市為又878−2
〒905-0005 沖縄県名護市為又878−2
店舗名 東江メガネ名護店
眼科併設 なし
住所 〒905-0005
沖縄県名護市為又878-2
電話番号 0980-53-3200
営業時間 AM9:00~PM8:00
店休日 年中無休
駐車場 あり
HP https://www.agarie-megane.com/shop/nago/
所在地 https://goo.gl/maps/cs2bMoxjKwWgEx1J6
地図・ルート

 

 

【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター
サンエー那覇メインプレイス店
眼科併設
【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター 那覇店
【南部 浦添市】 東江コンタクトセンター 浦添店
【南部 南風原】 東江コンタクトセンターイオン南風原店
【中部 沖縄市】 東江コンタクトセンター 美里店
【北部 名護市】 東江メガネ 名護店

※沖縄県の北部には、東江コンタクトセンターがない為、名護店を掲載しております。
北部にお住いの方は、距離があり時間もかかるので1番近い名護店のご利用をおすすめします。

>>【東江メガネ】初めてのコンタクトレンズは『眼科併設』店へ

 

・東江メガネ『コンタクトレンズ』【公式】サイトはこちら

コンタクト
Home コンタクト 安全安心を第一に、お客様にあうコンタクトレンズをお勧めします。 コンタクトは直接目に入れ…

 

・東江メガネ『通販』【公式】コンタクトネット注文こちら

https://agarie-megane.shop/

 

・東江メガネ【公式】店舗情報はこちら

店舗情報 | 沖縄県でメガネ・コンタクト・補聴器をお探しなら東江メガネへ

 

 

コンタクトレンズは、何歳から使用できる?

一般的に、コンタクトレンズの使用年齢制限はありませんが、適切な装用やケア方法を理解し、自己管理できる十分な成熟度が必要です。

したがって、コンタクトレンズを使用する適切な年齢は個人によって異なります。

 

一般的なガイドラインとして、10歳から12歳以上の子供がコンタクトレンズを使用することがあるかもしれませんが、その際には保護者や専門のアイケア専門家と相談することが重要です。

子供がコンタクトレンズを使用する場合、保護者のサポートが必要であり、適切な装着やケア方法を理解することが大切です。

 

また、成長段階によっても目の状態が変化するため、子供や思春期の場合は定期的にアイケア専門家による検査を受けることが推奨されます。

 

一般的に、若い子供にコンタクトレンズを装着する際は、保護者や専門家との相談と指導が不可欠です。

成人になった後は、個人の適応能力とアイケアの理解に基づいて、適切なコンタクトレンズの使用が可能となります。

 

年齢 コンタクトレンズの使用
10歳以上 保護者や専門家の指導のもと使用可
成人(18歳以上) 適応能力とアイケアの理解に基づいて使用可

 

 

【初心者の方へ】初めてのコンタクトレンズの注意点

初めてのコンタクトレンズを使用する際には、以下の注意点に気を付けることが重要です。

注意点
目の清潔さを保つ
正しい装着方法を学ぶ
レンズの清潔さを保つ
使用期限を守る
瞳の異変に注意する
睡眠時の注意
水中や湿った場所では取り扱い注意

 

  1. 目の清潔さを保つ
    コンタクトレンズを装着する前に、手をしっかりと洗って清潔に保ちましょう。また、指先や爪が傷ついていないことを確認し、目に異物が入っていないことも確認してください。
  2. 正しい装着方法を学ぶ
    コンタクトレンズの装着方法を専門スタッフから正しく学んでください。正しい手順に従って装着しないと、目に負担をかけることやレンズの破損の原因となる可能性があります。
  3. レンズの清潔
    毎日、使い捨てでない場合は、コンタクトレンズのクリーニングを正しく行ってください。汚れたままのレンズを装着すると目に異物感や不快感を引き起こすことがあります。
  4. 使用期限を守る
    コンタクトレンズには使用期限がありますので、必ず期限を守って使用してください。期限が過ぎたレンズを使用すると目のトラブルを引き起こす可能性が高まります。
  5. 瞳の異変に注意する:コンタクトレンズを使用している間に目に異変があった場合は、すぐに使用を中止して専門スタッフに相談してください。痛み、かすみ、充血などの症状が見られた場合は、目のトラブルのサインかもしれません。
  6. 睡眠時の注意
    通常のコンタクトレンズは寝る前に取り外す必要があります。コンタクトレンズを装着したまま寝ると目に酸素が行き届かず、目のトラブルを引き起こす可能性が高まります。拡張使用のレンズを使っている場合でも、眠る前にスタッフの指示に従ってください。
  7. 水中や湿った場所では取り扱い注意
    シャワーやプールなどの水中ではコンタクトレンズを装着したままにしないでください。水中や湿った環境ではレンズが目から外れやすくなる可能性があります。

これらの注意点を守って、安全かつ快適にコンタクトレンズを使っていきましょう。

また、何か問題や疑問がある場合は、いつでも専門スタッフに相談してください。

 

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズは、目の状態や用途に応じてさまざまな種類があります。

主なコンタクトレンズの種類は以下の通りです。

 

  1. ソフトコンタクトレンズ(Soft Contact Lenses)
    • 一般的な使い捨てタイプ(デイリータイプ、ウィークリータイプ、モンスリータイプ)があります。
    • 高酸素透過性レンズや水分保持技術が改良されたものが多く、快適な装用感が特徴です。
    • 短期間から長期間までの使用が可能です。
  2. ハードコンタクトレンズ(Rigid Gas Permeable Lenses / RGP)
    • ガス透過性の高い素材で作られています。
    • 眼の形状に合わせてオーダーメイドで作成されることが多く、一定期間使用します。
    • 角膜の形状を変える効果があり、一部の目の問題に対してより正確な補正が可能です。
  3. カラーコンタクトレンズ(Cosmetic Contact Lenses)
    • 色や柄が加えられたコンタクトレンズで、目の色やデザインを変えるために使用されます。
    • 視力の補正を目的とするものと、単なる装飾目的のものがあります。
  4. トーリックコンタクトレンズ(Toric Contact Lenses):
    • 角膜の歪み(乱視)を補正するために使用される特殊なコンタクトレンズです。
    • 乱視用の度数が含まれており、正確な位置にセットすることで乱視を補正します。
  5. マルチフォーカルコンタクトレンズ(Multifocal Contact Lenses):
    • 老眼(遠近両用)補正用のコンタクトレンズです。
    • 見え方を調節して近視と遠視の両方を補正することができます。

これらの種類のコンタクトレンズは、専門のアイケア専門家に相談して適切なものを選ぶことが重要です。

目の状態や視力の度数、個々のニーズに合わせて最適なコンタクトレンズを選ぶことが、快適な視力補正や目の健康を維持するために大切です。

 

 

使い捨てコンタクトレンズの種類と使い方

使い捨てコンタクトレンズは、一定期間(デイリータイプ、ウィークリータイプ、モンスリータイプなど)使用した後に廃棄するタイプのコンタクトレンズです。

以下に主な使い捨てコンタクトレンズの種類と使い方を説明します。

 

使い捨てコンタクトレンズの種類

種類 使用方法
デイリータイプ 毎日新しいレンズに交換
2ウィークリータイプ 2週間ごとに新しいレンズに交換
マンスリータイプ 1ヶ月ごとに新しいレンズに交換

 

  1. デイリータイプ(1日使い捨てコンタクトレンズ)
    • 1日使いきったら捨てるタイプのコンタクトレンズです。
    • 毎朝新しいレンズを開封して装着し、夜には取り外して廃棄します。
    • レンズケアが必要ないため手間がかからず、清潔で便利です。
  2. 2ウィークタイプ(2週間使い捨てコンタクトレンズ)
    • 1週間(通常は6日間)使いきったら捨てるタイプのコンタクトレンズです。
    • 毎日クリーニングや保存が必要ですが、デイリータイプより経済的です。
  3. マンスリータイプ(1ヶ月使い捨てコンタクトレンズ)
    • 1ヶ月(通常は30日間)使いきったら捨てるタイプのコンタクトレンズです。
    • 毎日クリーニングや保存が必要で、ウィークリータイプより長期間使用できます。

 

コンタクトレンズの使い方

使い方の基本的な手順

  1. 手洗い
    コンタクトレンズを扱う前にしっかりと手を洗い、石けんで洗い流します。
  2. レンズの取り扱い
    コンタクトレンズを容器から取り出す際には、爪や指先で傷つけないよう注意してください。
  3. 目に装着
    鏡を使って正確にレンズを目に装着します。指示に従って左右の目に合わせてレンズを装着します。
  4. 使用期間
    指示された期間(1日、2週間、1ヶ月など)だけ使用し、使用期限を過ぎないように注意します。
  5. 使用後の処理
    使用後はレンズケースに保存液を入れて保存し、次回使用まで清潔な状態を保ちます。
  6. 眼科医の定期健診
    定期的に眼科医による検査を受け、目の状態を確認しましょう。

 

適切な使い捨てコンタクトレンズの選択と正しい使用方法を守ることで

快適で健康的な視力補正を維持していきましょう。

 

コンタクトレンズとメガネとの併用がおすすめ

コンタクトとメガネは、併用がおすすめです。

最適な視力補正方法は、個人によってさまざまですが、

コンタクトレンズを検討する場合は、目の負担を考えて

目の状態や生活スタイル、個人の好みなどを考慮して

眼科医やコンタクトセンターの専門員と相談することが大切です。

 

併用することによるメリット

  1. 補正範囲の拡大:一部の視力問題は、コンタクトレンズとメガネを組み合わせることでより正確に補正できる場合があります。特に、乱視や老眼のような複雑な視力問題を持つ方にとって有益です。
  2. 快適さと便利さ:コンタクトレンズはスポーツやアクティブな活動時に便利であり、メガネはリラックスした時間や目の休息時に使いやすいことがあります。併用することで、状況に応じて最適な視力補正が可能になります。
  3. 眼の負担の軽減:長時間のデジタルデバイスの使用や乾燥した環境など、目の負担が高まる場面ではコンタクトレンズの使用が不快に感じることがあります。そのような場合、メガネに切り替えることで目の疲れを軽減できます。

 

併用することによるデメリット

  1. 費用:コンタクトレンズとメガネの両方を持つため、費用が増える可能性があります。
  2. メンテナンス:コンタクトレンズは正しいケアが必要であり、メガネも汚れや傷を避けるために手入れが必要です。両方のアイテムを手入れするのに時間と手間がかかる場合があります。
  3. 目の乾燥:コンタクトレンズとメガネを併用する場合、コンタクトレンズの使用によって目が乾燥しやすくなることがあります。

 

眼科医やコンタクトセンターの専門員と相談しながら、

自分の目の状態や生活スタイルに合わせて最適な方法を選ぶことが大切になります。

 

ただ、メガネのみ、コンタクトレンズのみ、または併用するかは、

個人の好みやニーズにもよりますね。

 

 

コンタクト専門店のメリットとデメリット

コンタクト専門店には、眼鏡店とは異なる特徴があります.

以下に、コンタクト専門店のメリットとデメリットを紹介します。

メリット デメリット
専門知識と経験豊富なスタッフ 商品価格が高い場合がある
試着やフィッティングのサポート 距離やアクセスの問題
アフターサポートが充実 商品在庫の制約
多様な選択肢が揃っている アフターサービスの時間帯が限られている

 

メリット

  1. 専門知識と豊富な経験
    コンタクト専門店は、コンタクトレンズに特化したスタッフが働いている場合が多いです。
    コンタクトレンズに関する豊富な知識を持ち、適切なレンズの選択や装用方法について専門的なアドバイスを提供できます。
  2. お試し装用やフィッティング
    コンタクトレンズは目の形や状態によって合う合わないがあります。コンタクト専門店では試着やフィッティングを行い、最適なレンズを見つける手助けをしてくれます。
  3. アフターサポート
    コンタクトレンズの使い方には注意が必要であり、初めての方は装着方法やケア方法を学ぶ必要があります。コンタクト専門店ではアフターサポートも充実しており、レンズの使い方やトラブル時の対処方法を教えてくれます。
  4. 豊富な品揃えと在庫数
    コンタクト専門店には多くのメーカーや種類のコンタクトレンズが揃っています。そのため、目の状態や用途に合わせて選択肢を比較しやすくなります。

 

デメリット

  1. 商品価格
    コンタクト専門店の商品価格は、インターネット通販などの大手販売サイトよりも高い場合があります。店舗の維持費やスタッフの専門知識を反映しているためです。
  2. 距離やアクセスの問題
    コンタクト専門店は大都市や商業地域に集中していることが多いです。住んでいる地域に店舗がない場合や遠い場所にある場合、通いにくいと感じることがあります。
  3. 商品在庫の制約
    専門店は専門的な知識を持ったスタッフが対応するため、大量の在庫を抱えることが難しい場合があります。特に特殊な処方箋が必要な場合は、商品を取り寄せることがあるかもしれません。
  4. フターサービスの時間帯
    コンタクト専門店は通常、営業時間が決まっているため、急なトラブルや相談があった場合、その時間帯に対応できないことがあります。

 

東江メガネおすすめ関連記事はこちら

【東江メガネ】初めてのコンタクト&検診なら眼科併設店へ

【東江メガネ】コンタクトレンズの注文方法!処方箋なしでも買える?

 

【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター
サンエー那覇メインプレイス店
眼科併設
【南部 那覇市】 東江コンタクトセンター 那覇店
【南部 浦添市】 東江コンタクトセンター 浦添店
【南部 南風原】 東江コンタクトセンターイオン南風原店
【中部 沖縄市】 東江コンタクトセンター 美里店
【北部 名護市】 東江メガネ 名護店

※沖縄県の北部には、東江コンタクトセンターがない為、名護店を掲載しております。
北部にお住いの方は、中部、南部間では、距離があり時間もかかるので1番近い名護店のご利用をおすすめします。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました